東京都で病院薬剤師の転職を成功させる秘訣

東京都の薬剤師数は日本一多く、人口10万人あたり310人となっています。
病院数は590軒ですが、人口10万人あたりに換算すると4.46軒で全都道府県中40位という状況です。
このような状況ですが、東京都の病院薬剤師求人は常時多数出ている状態です。
では、なるべく好条件で転職するためのコツを解説しましょう!

 

 

 

複数(3サイト程度)の薬剤師転職サイトに登録する

それぞれの転職サイトが独占非公開求人を持っています。
ですから1サイトだけでは漏れがでてきてしまい、好条件の求人を逃すことにもなりかねません。
すべて無料で登録も30秒ほどでできますから3サイト程度登録して連絡を待ちましょう。

 

条件を事前に明確にしておき、合わなければ遠慮なく断る

色々な求人を見ているうちに最初に決めた条件がぶれてしまうこともよくあります。最初に条件は箇条書きにして書き出しておきましょう。
また、条件に合わない求人でもワガママを言ったらコンサルタントに悪いのでは・・・と妥協してしまわないようにしましょう。コンサルタントはそれが仕事ですから気兼ねは不要です。病院と交渉してもらったり、それでも条件が合わなければ断るようにしましょう。

 

内部事情なども事前に教えてもらう

薬剤師転職サイトを通せば、病院の内部事情を知ることができます。
周りのスタッフの性格、年齢、職場の雰囲気、残業の実態、休日の取得しやすさなど事前に教えてもらいミスマッチを極力防ぎましょう。

 

履歴書の書き方や面接対策をしてもらう

好条件の求人ほど競争が激しくなりますから、履歴書や面接対策をしっかりしてもらうようにしましょう!
コンサルタントは元薬剤師だったり人事関係のプロであることが多く、全力でバックアップしてくれます。

 

すぐに転職するわけでなくても薬剤師転職サイトに登録して情報収集しておく

今すぐ転職というわけではないけど、良い求人があったら転職してもいい・・・
とりあえず情報収集だけ、という方も登録してみるといいですね。
ただし「半年以内に転職予定がある方」と謳っている薬剤師求人サイトが多いので全く転職の意思がない方のひやかし登録はやめましょう!

 

 

 

東京都の病院薬剤師の求人はお給料や残業時間などにかなり差があります。
同じ仕事内容でも年収が100万円も違ってくるなんていうことも!
ですから複数の転職サイトに登録しなるべく多くの求人を紹介してもらい、比較検討して最も良いものを選ぶようにしましょう!

 

 

 

東京都の病院薬剤師の転職事情

東京都,病院,薬剤師,求人,転職

東京都の薬剤師の転職事情というのは、少し特殊と言えるかもしれません。

 

東京はとにかく人が多く、それは薬剤師の数も一緒です。大阪も大都市ですから薬剤師の数が多いのですが、東京の場合はなんとのその2倍近い人数がおり、4,400人もいると言われているのです。

 

薬剤師の数に比例して、東京では薬剤師の求人もたくさんあります。もちろん病院薬剤師の求人数も多いです。

 

しかし、いくら求人が多いとは言え、その中の求人がすべて良い条件のものとは限りません。ですので、条件の良い求人というのは競争率がとても激しいものとなるのです。なので、少しでも良い転職をしたいと考えている人は、薬剤師求人サイトを利用した方が良いのです。それでももたもたしていると、別の人に決まってしまう恐れがありますので、良い求人を見つけたら早めに行動に移しましょう。

 

また、近年薬剤師は4年制から6年制になりましたから、それに伴い薬剤師の数も増えると考えられています。つまり、新卒者の数が増えるとうことです。こうなると、これまでに転職を繰り返してきた薬剤師にはいささか不利になる可能性があると言えるでしょう。

 

少しでも良い求人を見つけるためには、やはり求人サイトを利用して、コンサルタントにアドバイスをもらうと良いでしょう。

 

ちなみに、東京にある薬剤師の職場となりえる病院数というのは、厚生労働省が平成22年に調査したところによると647もあり、さらに一般診療所となると12,684にもなるのだそうです。


東京都の病院薬剤師の給料相場

東京都,病院,薬剤師,求人,転職

東京都の薬剤師の給料というのは、実は地方と比べると高くありません。他の職種や業種では、一般的に都市部に行くほど相場が上がる傾向にあるのですが、薬剤師に限っては人手が不足している地方の方が高いのです。

 

病院薬剤師の場合だと、初任給で21〜25万円と言われています。年収だと300〜500万円です。当直手当がプラスされることもあるので、もう少し高くなることもあり得ます。

 

また、勤続年数が増えるにつれて昇給するケースも多いですから、転職ばかりしている薬剤師では、昇給は難しいかもしれませんね。ちなみに、私立病院よりも公立病院の方が年収は高いです。

 

首都圏というのは人がたくさんいますから、薬剤師がたくさんいる都内では、やはり地方よりも給料の相場が低くなってしまいます。病院以外の職場となると、調剤薬局の場合は450万円ほど、管理薬剤師の場合は550万円くらいだと高額な方になります。

 

しかし、給料アップのことだけを考えて地方に転職すると、デメリットがあることもあり得ます。薬剤師の数が不足しているので、いくら年収が高くても、自分一人がこなさないといけない仕事量が膨大な数になってしまい、そのため、調剤の際にミスが生じる可能性が出てきてしまうのです。

 

しかし、ミスが許されない仕事ですから細心の注意が必要ですし、毎日残業があったり、休憩も取れないという職場もあるのです。

 

給料の額だけを考えると東京で働くのは不利かもしれませんが、負担なく働きたいと考えるならば、東京の方が良いとも言えるのです。


東京都の病院に強い薬剤師求人サイトランキング

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

 

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア

 

リクナビ薬剤師

 

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム

 

薬剤師プロ

 

ジョブデポ薬剤師
ジョブデポ

 

薬剤師ではたらこ
薬剤師ではたらこ

 

東京都で病院薬剤師求人を探すなら薬剤師求人サイトに登録しよう

東京都,病院,薬剤師,求人,転職

東京都では、実に多くの薬剤師の求人情報があります。ただでさえ専門的な分野であるため薬剤師の数は全国的に不足していますが、たくさんの薬局や病院が東京にはありますから、関東に住んでいる人で東京まで通えるか、引っ越しても良いと考えている人は、東京で仕事を探した方が効率が良い場合があるのです。

 

病院薬剤師としての仕事も、きっと見つかるはずです。東京には人が多い分、病院の数も多いからです。

 

仕事を探すなら、薬剤師のための求人サイトを利用すると良いでしょう。新しい求人がすぐに入ってくるでしょうし、ハローワークなどに行っていちいちチェックするという手間はかかりません。

 

パソコンやスマホがあれば、簡単に調べることができるのです。また、コンサルタントが担当としてついてくれるはずですから、希望の条件を伝えておくことで、良い求人が入るたびに連絡をくれることでしょ。

 

サイトによっては登録をしなくても求人をチェックできるので、気になるものがあったら登録すれば良いと考えている人もいるかもしれません。しかし、登録しなくても見れる求人というのは、ほんの一部でしかありません。条件の良い薬剤師の求人というのは非公開になっているので、登録をしないと紹介してもらうことはできないのです。

 

薬剤師求人サイトは完全無料で利用できるもので登録も簡単ですから、今とても注目が集まっています。自分が良いと思った求人はほかの人も良いと思っていますから、早めに応募をしないとほかの人で埋まってしまいますので、ピンとくるものがあったら、すぐに行動を起こしましょう。